試合会場:明石

決勝戦<平成29年度秋季兵庫県大会>
西脇工業 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
明石商業 0 0 0 0 0 0 3 0 × 3
西脇工業 山中(6回)⇒西山(2回) - 西山⇒江口
明石商業 加田              . - 山本
平成29年度秋季県大会決勝戦  12:43試合開始 初回明商 2死から3番加田、4番右田の連打でチャンスメイクするも無得点。2回西脇工 先頭の4番山本が敵失を得て出塁。犠打で二進するも無得点。その裏の明商は、2死から8番安藤が右中間を破るスリーベースを放つが無得点。3回西脇工 1死から9番水上が四球、続く1番田渕が中前打を放ち得点機を迎えるが、直後のダブルスチールに失敗。無得点に終わる。5回西脇工 1死から7番千石が四球を選ぶも無得点。その裏の明商は、先頭の8番安藤が左前打を放ち犠打で二進。さらに1番田渕の中前打、2番山本の四球で満塁とするも後続を断たれ、惜しい先制機を逃す。前半5回を終了し、明石商先発加田のリズム良い投球、西脇工先発山中の粘投に加え、随所で見せる両校の堅守もあり0-0のまま試合は後半戦へ突入。前半5回を終了し西脇工2安打、明石商5安打。6回西脇工 2死から3番西山が中前打を放つも無得点。その裏の明商は、2死から7番岡部が敵失、8番安藤が四球を選びチャンスを迎えるが、西脇工のレフト岡のファインプレーに阻止され無得点。7回の明商は先頭の田淵が右前打を放つ。犠打で二進後、3番加田が左前に落とし1・3塁。このチャンスに続く4番右田の内野ゴロが併殺崩れとなり、明商に待望の先取点が入る。さらに5番藤本、6番植本の連打で2点目。なおも7番岡部にも左前タイムリーが出てこの回一挙3点を先制。初優勝に執念を燃やす西脇工は9回、先頭の代打藤本が右前打を放つ。1死後、代打早川が左前打でチャンスを拡大。ここで5番西村が左線にツーベースを放ち1点を返す。さらに6番江口の放った内野ゴロと敵失が絡み3塁ランナーが生還。1点差に迫る。しかし、猛追もここまで。3-2で明石商が2年ぶり2回目の優勝を飾った。14:44試合終了。 試合終了